インターネットの危険性

インターネットの危険性

インターネットが普及してくると、その仕組みに精通した人たちが、悪意を持った操作で第三者に被害や迷惑を及ぼすようになりました。 それは悪意のあるウィルスと呼ばれるソフトをメールなどに添付して送りつけ、相手のパソコンが上手く作動できないように仕向ける行為などです。

当初は、この被害に遭う人が多くインターネットが普及してからの大きな問題となりました。 最近では、公式のサイトを装い、アクセスしてきた人の口座情報などを盗み出すワンクリック詐欺や、大量の広告などを一方的に送りつけるスパムメールなど、その手口は巧妙かつ、より悪意のあるものとなりました。 また、個人情報を盗み出すスパイウェアの存在も大きな問題となっています。
このような経験をされた方もおられると思いますが、その犯人が分からない、検挙されないというとても不条理なことにとても腹立たしく感じるのは、誰しもが同じだと思います。 そのような悪意のあるウィルスや迷惑メールなどに対処するため、各会社がウィルス対策ソフトを開発、発売されました。 このソフトをインストールすることで、常駐しながらいつ襲ってくるか分からないその脅威に対してチェックを実施しています。

万が一ウィルスに感染した場合でも、そのファイルを修復し、観戦する前の状態に戻す機能もあり、ユーザーにとってはとても強い味方となります。 このウィルス対策ソフトは、無料のソフトと有料のものがあります。 やはり、有料のものがそのサポート体制は充実しているようですね。

今では、このウィルス対策ソフトをパソコンに常駐させておかないと、安心してインターネットを楽しむことができないまでになっています。 このようなことに時間と費用をかけること自体おかしいと感じるのですが、切り離せないものとなっているのが残念ながら現実のようです。

    Copyright(C) ネットおやじが伝える・素晴らしきインターネット All Rights Reserved.